アルミレール、スチールレール専門

電話番号0566-76-5368 受付時間 平日 9:00~18:00
レールシステムカタログ請求はこちらへ
レールシステム見積依頼はこちらへ
  • なぜ、トヨタに選ばれたのか。

トヨタ、日野自動車はシンテックのレールシステムを使っています。

シンテックの部品を使用する一番の理由としては、「レール本体の落下事故が無いため」です。厳しい条件下で各製品の耐久試験や公的機関による強度試験を行っております。
2010-2011年トヨタ各工場にてシンテック製の部品への取替え工事が行われ、それ以降、落下は起きていません。

製品一覧

  • アルミレール製品

  • スチールレール製品

  • レールシステム派生製品

納得の納入先一覧

トヨタ自動車(株) トヨタ車体(株) トヨタ自動車東日本(株)
日野自動車(株) ダイハツ工業(株) ダイハツ九州(株)
トヨタ自動車九州(株) トヨタ紡織(株) (株)豊田自動織機
アイシンAW(株) スズキ(株) マツダ(株)
本田技研工業(株) その他多数のお客様  

全てのレールシステム納入先を見る

当社のレールシステムについて

弊社の製品は一部を米国のKnight社より輸入しています。ただ、米国の製品の一部は品質が劣る点がありますので、弊社にてライセンス生産を行っています。
アルミレールは日本で生産を行っています。

客先の工場の状況、該当製品の種類、材質なども考慮する必要があります。また、客先の好みや方針も考慮に入れなければなりません。
客先との面談や仕様説明で話しているうちに、どのような形態が客先にとってのベストな選択かを見極める必要があります。
「こんなアイディアはいかがでしょうか?」というようにいくつもの提案をその場でできるようにならなければなりません。

弊社の製品群は同業他社に比べて豊富であることが特徴のひとつです。 単にライバル社との価格競争ではなく、新しい提案をできる一助となるように致します。 お客様の使用環境及びニーズに合った提案ができるようにして行きたいと思います。

新着情報

トヨタ自動車のトヨタ生産技術標準(TMS規格)に弊社製品が登録されました。

レールシステムコラム

レールシステムの衝撃対策

スチールレールの選定について

アルミレールの選定について

ライトクレーンについて

レールシステムについて

ページトップへ